パンパグランデ日誌 3月10日

2017年3月10日
ロスネグロスの市場に出勤すると、トイレの係りの方が私に話しかけてくださいました。
トイレのすぐ近くに生ごみ専用コンテナを設置していて、その方に分別の指導をお願いしています。
市民の方がビニール袋を誤って投入しているところをよく注意するそうです。
彼女自身のアイデアで、「コンテナに張り紙をしたよ!」とうれしそうに私に語ってくださいました。
なので、私もうれしくて一緒に写真を撮らせていただきました。

彼女のおかげで生ごみがきちんと分別されているのですね。
感謝です。
ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください