パンパグランデ日誌 2月17日

国道7号線沿いに私たちの作成した看板を設置しました。

全部で9枚のシリーズになっていて、
手紙のようになっています。
日本の私の地元の峠に設置されている看板にヒントを得て
任地でやってみることにしました。

  1. どうも、お元気ですか?ごみはポケットにしまってください。ありがとう。
  2. 私はあなたほど元気ではありません。あなたにとってのごみは、私にとってもごみです。
  3. 質問があります。なぜあなたはごみを窓から捨てるのですか。
  4. 自然の恵みはお金で買えない価値のあるものです。ごみをポケットにしまうのはお金がかかりますか?
  5. 人間は雨をコントロールしたり、豊かな土を作ることができますか?
  6. 自然のおかげで命があるのです。私を大切にしてください。
  7. 習慣を変えてください。ごみは家に帰るまでかごみ箱を見つけるまであなたの荷物の一部にしてください。
  8. よい旅を。パンパグランデ市役所
  9. 敬具 パンパグランデのパチャママ

という文句にしました。
少しでもポイ捨てが減るといいなぁと思います。

午後はカウンターパートの畑へ。
レタスがたくさんなっていました。

納屋でクイを養殖しています。食用です。

畑周辺のアボカドの木に登って実を落とすカウンターパート。
明日隊員や元隊員と集まると話すと、
全員行き渡るようにたくさんのレタスとアボカドをいただきました。
感動です。
ありがとう、いただきます。

帰りに道ばたで看板発見!
中学生が設置してくれたものです。
まだまだあるはずなので、見かけるのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください