プーノ

マチュピチュからクスコ経由でプーノへ。

ウユニへ向かうための陸路移動です。
プーノはチチカカ湖沿岸の街で、
トトラという葦で作った人工の島にすむ人々がいます。
80くらいの島があるそうです。
私たちは朝8時半に出てお昼に終わるツアーに参加しました。


島に到着。
長の方がこの島の文化について説明してくださいました。

島は、まずこのように根を縛ってブロック上にしたものを浮かせて、その上に葦を積み上げています。何ヶ月かに一度葦をつみあげていくのだとか。

島の民族衣装を着せてもらいました。
村の女性たちの歓迎の歌を聞いた後、移動です。

島の船で向かいます。

見送ってくださいました。

もう一つの島は、食堂や売店、お土産やさんなどのある島でした。
お昼頃、港に帰ってきました。

たまたまこの日はお祭りだったそうで、プーノの街中は人でいっぱいでした。
ボリビアでも見たことのあるダンスが踊られていて、文化は似ているんだなぁと思いました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください