パンパグランデ日誌 11月30日

2016年11月30日

マタラルの小・中学校の教員や父母会の会議へ出席し、
今年と来年のproyecto socio productivo(PSP)について話しました。
この学校の今年のテーマは
キレイな街マタラル。ごみの分別やポイ捨て撲滅について取り組んでおられました。
そのおかげでこの学校の分別の精度は大変良かったです。
来年も同じテーマで取り組みたいとのことでした。
私のコメント及び来年の計画について聞かれれ発表しました。
ちょうど昨日来年の計画について市長たちと話していたのでその内容について語りました。
PSPのテーマを廃棄物関連に統一してほしいというのが私の目標なので、1校はクリアできました。
残り7校との交渉をがんばります。

午後はラウルくんに生ごみ以外の資源ごみ専用ごみ箱の上部を黄色に塗ってもらい(国内共通の色)、
その日のうちにパンパグランデ、ロスネグロス、マタラルのプラザ、ロスネグロスの診療所に設置してもらいました。

トラックで運ばれていくところ。
一つは市役所に残して、市役所で分別します。
今日もスイカを食ました。

昨日の会議に基づき基金に申請する予算書を修正作業。
会議内容を振り返りながら必要に応じてカウンターパートに予算内容の変更箇所確認、回答に応じて入力作業。
仕事の中断になるからか、
質問の度にカウンターパートは嫌な顔。
カウンターパートから新しいアイデア提案、DIFAR関係者へ確認、入力作業。
またまたカウンターパートは定時に退庁、環境担当の同僚は外で作業。
1人残って作業していましたが、
違和感を抱きました。
共働作業が少ない。予算書を作る作業に彼らはもっと参加すべきではないだろうかと。
実際、まだ8枚の申請書を書く作業が残っています。
それは日本語なので私が作成するのですが
予算書も申請書も私となると業務量が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください