パンパグランデ日誌 11月26日

2016年11月26日
サンタクルスで26年3次隊の送別会、28年2次隊の歓迎会があるのでサンタクルスへ。
夕方までの時間を利用してブエナビスタへ行きました。
乗合タクシーで1時間半(25ボリ約414円)。
待ち合わせをしている間、朝食。
ブエナビスタはコーヒーの産地で有名です。
プラザの広さと植物の多様さに圧倒されました。


 隊員と合流し、あたりを散歩。
11月26日はブエナビスタの創立記念日で闘牛があると聞いて楽しみにしていたのですが、
プラザはステージがあるのみで静かでした。

時間を聞くと4時からとのこと。
残念ながらその時間にはサンタクルスに戻っておかないといけなかったので闘牛は諦めました。
民宿に立ち寄り、アンボロ国立公園へのツアーパンフレットがないか聞いたところ 
それはなかったのですが、まぁ座んなさいということでそのまま中庭のテラスでアチャチャイルとマンゴーをご馳走になりました。

さらに散歩していると、
JICA関係者と日系人移住地サンフアンの方々が出店で特産品やお弁当、巻きずし、焼きそばを売っていました。

このお弁当の感じ、懐かしい。
サンタクルスに戻り、歓送迎会へ。
豪快な焼肉でした。

サンタクルスは大丈夫なのですが、
ラパス、コチャバンバ、スクレ等で雨が降らず、水不足が深刻です。
ラパスでは3日に一度3時間のみ給水されるエリアもあるそうです。
決まった時間でないため、いつかいつかと待ち続け、家から出られないのだとか。
1日も早く雨が降って水不足が解決されますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください