パンパグランデ日誌 11月17日

2016年11月17日
ボリビアでは2月から新学期が始まります。
分別回収を根付かせるため、
来年度の環境教育のプログラムについて
教育委員会と協議するためにここ数日間足を運んでいるのですが、
なかなか教育委員長にお会いできない日々が続いています。
学期末で多忙なようです。


やっと生ごみ以外の資源ごみ回収ボックスのデザインが決まりました。
直方体なので、4面それぞれ別のデザインにしました。
1種類でも4種類でも単価が変わらなかったためです。各面の内容は。。

  1. 私は回収ボックスです。缶と瓶(ペットボトル込)のみいれてください。協力ありがとうございます。
  2. リサイクルの過程 ペットボトルは踏んで圧縮→運搬→工場→リサイクル製品(生まれ変わった!)
  3. アルミニウムをリサイクルすると、新たに製品を製造するよりも95%省エネになります。4本のペットボトルをリサイクルすると、冷蔵庫を24時間稼働させるエネルギーと同じ分の節電になります。
  4. もしもし、ここに缶と瓶(ペットボトル込)いれてほしいとよ。ヘイヘイハハハ、ありがとう!

といった内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください