環境分科会@DAKAR Y LAGO 11月11日

2016年11月11日
DAKAR Y LAGO2日目。
デサグアデロ市で昨日と同じプログラムを実施しました。
開始予定時間になってもなかなか始まらず 
やっと開会式がおわった頃には環境教育の持ち時間は半分の一時間になっていました。
時間配分は前半30分、後半30分(私の担当)。
実際前半の時間がおして後半の持ち時間は20分でした。
60分で組み立てたプログラムを20分に立て直すのは難しく、
自分との戦いでしたが、なんとか?終わりました。
デサグアデロ市はチチカカ湖の湖畔でペルーとの国境があります。
国境は橋で分かれています。
昼休みにその橋を見てきました。

市民は頻繁に国境を往復しているようです。
自転車タクシーにたくさんの荷物を積んでペルー側から戻ってくる人々とすれ違いました。

自転車タクシーの渋滞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください