環境分科会@ダカール開催地

2016年9月21日
朝6時半に出発。
ラパス近郊のビアチャ市で植林に関するワークショップを開催するのに同行しました。
30人(うち、高校生は20名)の参加者を2グループに分けて
別々の内容のワークショップを実施しました。
一つは夢マップ。
今の森林の現状を地図に描き
未来の地図を描きます。
環境分科会の隊員が実施しました。
もう一つのグループは私の考えたワークショップを実施しました。
人間と生産者(植物)、消費者(動物)、分解者(昆虫、微生物)の小グループに分かれ、
生きていくためにどんなことが必要か書き出してもらい、共有します。
その後、書き出したもののうち植物がなかったら存在しないものに印をつけます。
また、人間がほかの小グループの命を奪う場合はどんな時か考えてもらいます。
まとめとして、人間は他の小グループなしでは生きれないこと 、
植林は生態系の中でとても大事な役割をしていることを伝えました。
その後全体で森林ゲームを行いました。
人数分の新聞紙を床に敷き、森林に見立てます。
森林の生物の名札を付けた参加者はその上に立ち、
カードを1枚選んで読んでもらいます。
森林伐採のような環境にマイナスな内容だったら新聞紙を減らし、
植林など環境にプラスな内容だったら新聞紙が増えます。
森の生物に扮した参加者は新聞紙の上にしか立つことができません。
最後のカードまで森林の新聞紙になるべく多くの人数が立つことが出来るか、というのがゲームの目的です。
このゲームは環境教育の先輩隊員が考案したものです。
ワークショップのあと、公園で植林をしました。
ビアチャ市の市役所職員エドウィンさんは
日本へ研修ヘ行き、そこで習得した高倉式コンポストを実施しています。
標高3800mを超えるビアチャ市で微生物を活かした堆肥を作るのは低いところよりも時間がかかるのですが、
実に見事な堆肥が出来上がっていました。
この様子はFacebookのJICA Boliviaに紹介されています。


JICA Boliviaの投稿

植林した公園にあったごみ箱。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください