パンパグランデ日誌 7月23日

2016年7月23日
今日は土曜日でお休みなのですが、
環境担当の同僚がinfernilloで会議があるので随行してほしいとのことで、同僚数名と行ってきました。
当初、朝8時に出発とのことで待機していたのですが、出発したのは10時半でした。
昼食の材料を市場で買い込んでinfernilloへ。
会議ではインフラ整備の要請が市役所側に出されました。
infernilloには電気がありません。
フロリダ郡の議会へ相談し、サンタクルス県へ働きかけるようアドバイスしていました。
また、農業用水路もうまく配備されていないらしく、農作物がうまく育たないとの相談も受けました。
その後、私たちの買ってきた材料で調理された昼食が振る舞われました。


昼食時に出された飲み物がレモンジュースで、レモンとサトウキビで作ったとのことでおいしかったです。
この集落にはOsinagaさんという名字のボリビア人がおられます。
先祖は日本人だそうで、Yoshinagaさんと言う方だったそうです。
その後、発音し易いように?Osinagaさんへ変えたそうです。
日本人の挨拶の仕方を少し知っておられましたし、顔もそう言われてみれば日本人っぽいような感じがしました。
昼食後はOsinagaさんが自分の畑へみんなを案内してくれました。

みんなであぜ道を歩いて、Osinagaさんの畑へ。

立派なピーマン。

カボチャ畑。まだまだ50kg以上になるほど大きくなります。

サトウキビを切ってみろと言われてナタで挑戦。
畑にはピーマン、ネギ、かぼちゃ、レモン、サトウキビ、パパイヤなどたくさんの農作物があり、
すきなように収穫してよいとのことで、みんな思い思いのままに収穫していました。

収穫してきた野菜たち。
サトウキビは自宅だとどうやって搾ったらよいのでしょうか。
それがわからず、レモンを搾って砂糖を入れてレモナーダを作って飲みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください