パンパグランデ日誌 7月12日

2016年7月12日
今日は朝からカウンターパートと農薬容器の回収拠点を一部の各コミュニティに設置する作業を行いました。
先日私がデザインして作った看板も取り付けました。

何年もつかわかりませんが、こうやって形になるのはとてもうれしいものです。
午後はlas coplasの録音の約束があったので
カウンターパートだけで設置に出かけていきました。
録音は2時からの約束だったのですが、
市議会議員さんがなかなか来ず、
私は事務室で、もう一人の歌い手・議員さんの姪っ子さんは自宅で彼の到着を待っていたのですが5時まで来られませんでした。
金曜日に録音することにして、
回収拠点の設置場所LIWILWIというコミュニティへ同行しました。
小さな学校の校舎があり、その近くの空き地に設置することにしました。

LIWILIWIにある小さな小学校の校舎。
市役所に戻り、夜7時から私の講習会に協力してくれるメンバーと打ち合わせを行いました。
昨日協力と打ち合わせを呼びかけて集まってくれた仲間に感謝です。
携帯電話のコミュニケーションアプリ・whatsappで6月に清掃キャンペーンのグループが作られたのですが、それを活用して協力者を呼びかけました。
カウンターパート、環境担当職員、セナスバの職員三人が集まってくれました。
早速私の講習会の案、どうやって学校で分別回収を実施していくのかという案を提案し、彼らの意見を聞きました。
基本的に私の案に賛成してくれて、他にもたくさんの前向きなアイデアを出し合うことができました。
一時間半意見を交換しあいました。
忙しい日々ですが、とてもワクワクした気分です。
講習会で使うパンフレットですが、
以前も書いたように読んだ後捨てられてしまう可能性があるため、カレンダー付きのポスター風パンフレットにしました。
ボリビアの印刷会社に私の原稿を送ったのですが、原色ギラギラのレイアウトが送られてきました。
そこで、デザインが得意な私の同期隊員に相談して、レイアウトをデザインしてくれることになりました。
結構大変な作業だそうで、苦戦していたようですが、この打ち合わせが終わる頃、
データでポスターのレイアウトが送られてきました。
とてもステキなデザインになっていて、感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください