パンパグランデ日誌 6月1日

午前中は一昨日と昨日の反省を元に、
プログラムを修正しました。
反省点としては
生徒の言葉を引き出すことが出来なかったことです。
プログラムの構成は
「導入、本体、振り返り、共有」
なのですが、
振り返り、共有の部分がうまくいきませんでした。

導入、本体までは生徒も楽しそうなのですが
振り返り、共有部分になると
黙ってしまってどれだけ伝わっているのか確認できませんでしたし
学んだことや気づいたことを共有することができませんでした。

ここの部分を改善するため、
生徒にホームページを印刷したものを区切って朗読してもらい
感想を述べてもらうことにしました。

ホームページは、バチカン・ラジオ局のもので、
サンフランシスコ教皇が環境問題について述べている部分とそれに寄せられた読者のコメントです。

交代しながら呼んでもらって
最後に一人ずつコメントをもらおうと計画しました。
この印刷物をカウンターパートに見せたところ、
「とても興味深いページだね。全部読んでから感想を求めるよりも、区切りごとに言ってもらった方がいいと思う」
とアドバイスをもらい
朗読の区切りごとに読んでもらった生徒にその都度感想や意見を述べてもらうことにしました。

午後はずっと延期し続けてきた環境CMの撮影を行いました。

農薬容器を集積所に持参しようという内容のもので
アイデアは私ですがほとんどのシナリオを子どもたちが考えてくれたものです。

ロケの場所に選んだ畑は
パンパグランデなのですが
初めて足を踏み入れた場所で
とてもすばらしい景色でした。

協力してくれた先生が施したメイクで
農薬容器の妖怪たちも
妖怪らしくなっていました(笑

編集作業を一生懸命やって、
今月中に放送できるようにしたいと思います。
image

ロケ地の畑。
とても気持ちのよい風景でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください