パンパグランデ日誌 5月11日

市長が不在だったため、市の政策秘書、NGO代表の方とPLAGBOL二人と私とカウンターパートで
地球環境基金に関する合意書の下書きを協議しました。

せっかくスペイン語訳した申請書ですが時間の都合で5分の一ほど読んだところで
合意書の本文を協議することになり残念でした。

初代カウンターパートは直近まで働いていた農村と土地開発省との契約が終了し、今度はPLAGBOLとして働くとのことで今回の会議にも参加してくれて正直な意見を言ってもらえました。

プロジェクトの一つ、
廃棄物に関する条例を作ることに関してPLAGBOLの職員が大変興味を示しており、当初プロジェクトの二年目以降に計画していたのですが今年のうちに下書きだけでもやって
どのように実現させるかを設置予定の廃棄物委員会で話し合おうとのことでした。

image

スペイン語翻訳中。
脳が疲れます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください