パンパグランデ日誌 4月25日

今日はCNAPE(consejo nacional de produccion ecologica 地球に優しい国内生産物相談所)の職員がワークショップを開催しました。

ジャガイモの種を贈呈する国のプログラムがあるのですが、
その会場に集まった農家の方々に実施しました。

たくさんの農家が集まっていたので、
種の贈呈者を登録している間の時間を使って
野菜まつりに展示するための経済状況アンケートを9名の方にインタビュー形式で実施しました。

収支バランスは赤字の農家が多いです。

たとえば一番赤字の方を例に出しますが、

種に2300ボリ
農薬に17000ボリ
人件費に7040ボリ
合計26340ボリの支出に対し

売り上げは4050ボリ

22290ボリ(358995円)の赤字です。

農薬にたくさんお金を使っているのが分かります。

最低でも30人には
アンケートを実施したいと思っています。
できれば無農薬の農家さんを見つけて同じアンケートを採りたいと思っています。

image

CNAPEのワークショップも大好評でした。
50リットルの無害農薬を
材料費 230ボリでできるので、
経済的でもあり、地球にも優しいとのことで
もっと講習会を実施してほしいとのことでした。

image

これまでの講習会は単独開催で人が集まらなかったのですが、
種の贈呈にはたくさんの農家が来られるので
それに合わせて同じ場所で種を配る前に実施したのは効果的でした。

カウンターパート、ブラボーです。

image

ジャガイモの種贈呈式。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください