パンパグランデ日誌 3月30日

今日は山奥のコミュニティ、サンタ・ロサ・デ・リマにある中学校で廃油石鹸のワークショップを行いました。
今回はカウンターパートが同行してくれたので嬉しかったです。

到着したのが9時半だったのですが
校長室で学校菜園について話をしました。
生徒が集まるのを30分ほど待っていると、
始める前に軽食に招待され、
またまた校長室に戻りました。

結局ワークショップを始めたのは10時半でした。

1月に市民に行ったワークショップと同じように
油による水の汚染について、家庭排水による水の汚染について、自分たちにできることについて説明し、それから廃油石鹸の実習をしました。

image

苛性ソーダの危険性を伝え、
取り扱いに十分注意しながら
水と混ぜていきます。

触る機会を減少させるため今回も
上戸を作りました。

はさみとナイフを共有しながら作ったので
前回よりも時間がかかってしまい
二時間後にワークショップを終了しました。
おみやげにサンタ・ロサ産のスイカをもらいました。

市役所に戻ると、4月9日に開催するスイカ祭りのポスターと横断幕が完成していました。

image

image

image

私もこっそりとポスターに写っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください