パンパグランデ日誌 3月9日

学校の先生と生徒に環境についてのアンケートを実施しています。

それを回収して分析しているのですが、
私が去年行った教員に対するワークショップを生徒に行ったかどうか質問していました。

image

全教員ではなく、25パーセントの教員にアンケートを取りました。

すると、予想以上にワークショップを生徒に実施している教員が多くて嬉しかったです。

小学校では75パーセント、中学校では13パーセントの教員がワークショップを実施したと答えてくれました。

その効果については
改善している(ゴミをポイ捨てしなくなった)、一時的に改善した、変わらなかった、とのことでした。

3R(リデュース・リユース・リサイクル)を知っていますか?という質問に対しては、
小学校教員は25パーセント、中学校教員は10パーセントの方が知らないとのことでした。

詳細はまた後日公開したいと思います。

夜はPLAGBOLという機関と市役所主催の農薬容器についての集会に参加しました。

ロス・ネグロスの農薬販売業社、サンタクルスにあるSENASAG(全国的な農業における健康と食の安全機関)の職員も来られていました。

農薬容器の回収について積極的な意見が交換されました。

image

“パンパグランデ日誌 3月9日” への3件の返信

  1. はじめまして 清水といいます。
    すばらしい活動本当にお疲れ様でした!!!!

    自分も春に環境教育を目指していて大変参考になり 任地での具体的活動のイメージがわいてきました。
    読んでいるとなんだか自分もボリビアに行った気になってきちゃいました。笑
    すごく良い所ですね!

    お礼を言いたくてコメントしました。
    まずはゆっくりお休みになってください。ありがとうございました!

    1. 清水さん、投稿ありがとうございます。
      ブログのカウントダウンを更新し忘れていたのですが、実は任期を1年延長させていただきましたので、来年3月に帰国します。
      ボリビアはとてもいいところですよ☆
      清水さん協力隊を目指していらっしゃるのですか?
      ぜひぜひがんばってください!

      1. な、なんと!!!!!!!!! 延長したんですね! これからも引き続き応援しています⭐️ 前回は残念ながらヘルニアで引っかかって落ちてしまいましたが 今度こそ受かりたいですね 

        お体に気をつけてますますのご活躍を願っております
        ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください