パンパグランデ日誌 3月4日

環境CM第5弾のシナリオを考えました。

「今回は農薬容器を放置せず回収所に持って行こう」というメッセージです。

子どもの頃、教育テレビが大好きで
その中でもお気に入りだったのが
「それいけノンタック」。
めがねをかけると木や信号機などの人間以外の物と会話をすることができます。
夏休みはいつも見ていました。

それにヒントを得て、めがねをかけると農薬容器が話し出すアイデアを考えました。

友達の学校の先生に伝えると、
私の生徒たちとシナリオを考えると言ってくれました。

それから数日後の今日、
先生がシナリオを見せてくれました。

めがねをかけるとパチャママ(ボリビアで崇められている自然を司る女神)の
「助けて~」という声が聞こえます。

声のする方に行くと、たくさんの農薬容器が。
友達をよんで農薬容器を回収小屋に持って行き、パチャママを助けるというものです。

子どもたちがストーリーを考えたとのことで、
とても感動しました。

私は農薬容器がしゃべる設定でしたが、
子どもたちはパチャママがしゃべる設定に変更していて、なるほど!と思いました。

練習を開始して4月に撮影予定です。

image

今日の朝日。とてもキレイでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください