パンパグランデ日誌 3月2日

今日は市場で働く方へ実施する分別回収の講習内容を考えていました。

約150人の方々へ講習しなければなりません。

なぜ分別しないといけないのか理解してもらうため
増え続けるゴミ(グラフを見せながら)、なぜゴミが増えるのか(昔はなかったごみって何?人口統計の比較)
3Rとは、ゴミ組成、私たちにできること、分別しよう、という流れのプレゼンテーションを作りました。

ゴミ組成に関しては昨年末に調査する会社に依頼したそうで、
ゴミ組成の数値が出ていました。

今回の講習プレゼンテーションを作る上でカウンターパートに相談したところ、分厚い分析ファイルを見せてくれました。

とても興味深い内容で、
「早く見せて欲しかったよ~」
と言ってみました。
情報の共有って大事ですね。

それによれば
生ゴミ 34パーセント
紙・段ボール 8パーセント
プラスチック 17パーセント 
ガラス 8パーセント
金属 4パーセント
その他 29パーセントでした。

ボリビア国内のデータ2012年によ れば、生ゴミは55パーセント。
生ゴミが平均より少ないのは
畑に埋めたり、豚の飼料にしたりしているからです。
農村では生ゴミの率が少なくなる傾向にあります。

image

写真は朝、市役所に売りに来たので買ってみたアサディートとユカ(という芋)。
アサディートはハンバーグみたいなものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください