国内旅行一日目~ロボレ~ 1月22日

今日は国立記念日(エボ大統領の就任の日2006年1月22日)で休日でした。

三連休になるので、
バジェグランデの隊員さん二人とコロニア・オキナワの隊員さんとサンタクルス県内のロボレというエリアに旅行する事にしました。

朝6時半過ぎからサンタクルス行きのバスが通るのを待っていました。

ロス・ネグロスはターミナルが無く、
通り過ぎるバスを手を挙げて止め、
空席が空れば乗ることができます。

今朝の一台目は満席で断られてしまいました。
一緒に居合わせたお年寄りが、
「もう一台くるはず」
とおっしゃったので根気強く待ちました。

7時半頃サイピナ始発のバスが通り、無事に乗ることができました。

サンタクルスのターミナルはもちろんエアコンも扇風機もなく、
熱気ムンムンです。

列車のチケットをインターネットで予約していたので
スムーズに切符を入手できました。

前回の列車の旅ポトシ~スクレの際もそうだったのですが、
切符一枚買うのに
名前、身分証の番号、住所、国籍などを登録しないといけないので、
とても時間がかかります。

image

左側オレンジの建物が列車の切符販売窓口です。

あらかじめこれらを登録すると
時間がかかりません。
ただ一つ難点は
窓口が一つしかなく、
その場で買う人と同じ列に並ばないといけない点です。

昼1時20分にサンタクルス駅を定刻通り(珍しく?!)出発しました。

車内販売のサービスもありました。
若干高めの値段設定でした。

夕食を20ボリ(344円)で予約し食堂車で食べました。
ガタンガタン揺れる車両でなんとか食べることができました。

image

食堂車の中。

途中、停電してクーラーが切れてしまいました。
窓が開かず、蒸し風呂状態に。
一時間位して復旧しました。

サン・ホセ・デ・チキートス駅に夜8時くらいに到着。
そこで20分ほど休憩です。
そこは大きな駅で、軽食や弁当、飲み物を売る人たちがたくさん車内に入ってきました。

慣れている人は食堂車の予約をせずにこの駅の車内販売で買っていました。
(安上がりです。)

夜中0時すぎにロボレ駅に到着しました。
今日は一日移動日でした。

image

ロボレ駅にて

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください