パンパグランデ日誌 1月14日

今日は地球環境基金の申請書を市長とカウンターパートに見せるために
日本語で書かれた申請書をスペイン語訳をする作業がほとんどでした。

お昼ご飯を一緒に食べに行った同僚が
ソーダを持ち帰りで注文しました。
このソーダはガラス瓶のため、
持ち帰れません。
そういった場合はソーダをビニール袋に入れ、
ストローを付けてくれます。

これは日本にない習慣なので記事にしてみました。

image

夜はセナスバ(環境と水省の下部組織)が行ったワークショップへ参加しました。

自然保護のことを説明されていて、
環境教育とつながるところがあり、
とても勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください