パンパグランデ日誌 1月13日

サンタクルスへ。

カウンターパートと
アバストという市場で朝食。
ほとんどのパンパグランデ産の野菜は
このアバストに輸送され販売されているそうです。

領事館でパスポートの延長手続きを申請しました。
写真が必要とのことで、
市場にある写真屋さんへ。
4枚で15ボリ(257円)でした。

パスポート用だと伝えると、
シャツに着替えた方がいいとのことで、
お店のシャツを貸してくれました。
タンスから白いシャツを選んで着用。
ニコンの一眼で撮ってくれました。

待ち時間を聞くと、15分とのことでしたが、実際は一時間待ちました。
いつものことです。

昼ご飯を食べて、
カウンターパートとPLAGBOLの事務所へ。
地球環境基金の打ち合わせでした。

それぞれ啓発に携わった経験談を含めながら
プロジェクトについて話しました。

時間はあっという間に過ぎ、
25日にもう一度パンパグランデで話すことになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください