パンパグランデ日誌 12月31日

カウンターパートと二人で先輩隊員を呼び出し、
プレゼントを渡しました。

ボリビア国旗にパンパグランデ市役所の同僚や元同僚からのメッセージを
できるかぎり集めたものです。

このことを思いついたのは12月上旬。
たまたま未払いの給料を支払っていたため遠方にすむ元同僚からも
メッセージを書いてもらうことができました。

スペースが足りないからということで、
年輩の同僚がパンパグランデの旗も提供してくれました。

喜んでくれたのでよかったです。

私はコパカバーナから帰ってきてから風邪をひいてしまったようです。

39℃の熱がありました。
友達がパンパグランデ内の小さなお店で薬を買ってきてくれました。

薬局じゃないのに売っているので驚きました。
しかも、一錠ずつ販売しています。
2.5ボリ(43円)でした。

友人の家に夕食に招待され、
豚肉を食べました。
ボリビアでは年越し蕎麦ならぬ、
年越し豚だそうです。

image

とてもおいしかったです。

image

私はその後部屋に戻り、
2016年の瞬間を迎えました。

パンパグランデ日誌 12月30日

今日は仕事納めの日。
先輩隊員にとっては最後の活動日です。
彼は25年度3次隊で、私よりも半年早くパンパグランデ市役所に赴任しました。

彼のおかげですぐに環境にとけ込むことができましたし、
スペイン語がわからない時も
日本語で私に解説してくれて助かっていました。

二年間の活動を終え、
来年の1月3日に帰国されます。

仕事の後は
市長が労をねぎらって職員を夕食に招待してくださいました。

市長は出張で不在でしたが
政策秘書の家に集まり、
夕食とビールで乾杯しました。

市長から先輩隊員へ感謝状が贈られました。

その後はいつものようにダンスタイム。

image

楽しかったです。

パンパグランデ日誌 12月29日

パンパグランデ市役所の同僚に日本料理を紹介するため
コロッケと巻き寿司を先輩隊員と作りました。

image

image

市長を始め、
みんな喜んで食べてくれました。

のどが痛く
風邪をひきかけている予感がしたので
早めに就寝しました。

パンパグランデ日誌 12月28日

今日はレタスの水耕栽培にチャレンジしているロス・ネグロスの農家を先輩隊員と訪ねていきました。

image

image

水のph値や肥料の分量など、
たくさん先輩隊員へ質問していました。
大学を卒業したばかりで
水耕栽培に成功したら
野菜を育てにくいオルロなどの地域で
室内の水耕栽培をやりたいということでした。

ぜひ成功してほしいものです。
また、有機農業にもとても興味があるそうなのでCNAPEという団体の紹介と
彼らがくれた資料を渡すことにしました。

夜、パンパグランデの広場へイルミネーションを見に行きました。

image

ボリビア国内旅行~チチカカ湖~ 12月27日

バスに乗る前の待ち時間で
お土産を物色。
私はアグアヨを買いました。
アグアヨとは、ボリビアの特に女性が持ち歩いている風呂敷の丈夫なもので、
赤ちゃんを背負ったり
商売道具や自分の荷物など、様々なものをアグアヨに包んでいます。

私はコパカバーナと文字の入ったものを買いました。

image

いまのところ、テーブルクロスとして使っています。

image

年末なのでお正月を迎えるため露店もにぎわっていました。
カルバリオという展望台に行きたかったのですが、
その時間と体力がありませんでした。

バスに乗ってコパカバーナからラパスへ。

image

船でバスとは別に湖の反対側に渡ったところで昼ご飯。
イスピーという小魚の素揚げを食べました。
とてもおいしかったです。

image

これで10ボリ(170円)

image

昨日の夕食はキヌアのスープとトゥルーチャという鱒の焼き魚でした。

長時間歩いた体にビールが染みました。

image

image

image

ボリビア国内旅行~チチカカ湖~12月26日

朝7時にホステルを出て外で朝食。

雨の降る中
屋台でホットチョコレートとパンを食べました。
パンにはイチゴジャムを挟んでくれました。
これで4ボリ(70円)。

船で2時間ほどかけてIsla del sol (太陽の島)の北側に渡りました。

image

いつものように、案内図や場所の名前はほとんどなく、
あったのは港に設置されていたこの地図だけでした。

港に着くなり、ガイドのおじさんが乗客を呼び寄せ、
何時に出発するのでここに集まるようにと説明していました。
聞くと有料ガイドで一人あたり10ボリとのこと。
私たちは自分たちだけで島を散策することにしました。
交通手段は道が整備されておらず車やバイクがありません。
徒歩かロバのみです。
観光用のロバはいないため、
必然的に徒歩になった次第です。

まずは高山病に効くコカ茶で体を温めました。

image

なんとなく、こちらかなぁという方向へ。
image

歩いていると、近づいてくる人がいて入場券を買うように言われました。
10ボリで、きちんとした領収書だったので払いました。

image

サボテンの花が咲いていました。

image

image
途中、港で会った有料ガイドに再会。
私たちから頼んでないのに
遺跡の説明をして
「一人5ボリになります」
と言われました。
断るとすぐに諦めてくれました。

image
プレインカ時代の遺跡・テンプロ。紀元前1400年だそうです。
image
ピエドラ・サグラダ。パワースポットで、太陽が生まれたという伝説の場所です。
触ると運気アップらしいです。
(有料ガイドのおじさんが教えてくれました)

image

image
登り下りが続きます。
image

image
羊飼いの兄弟。「いま何時?」と聞かれました。
image

image

image

image

image
段々畑がいたるところにありました。

image
やっと目的地sur、南の街に到着。
この看板を見てほっとしました。

image

今日私たちが歩いた距離は8キロ。
地元の人で3時間かかるそうですが、
私たちは6時間半かかりました。

高地トレーニングできました(笑)

ボリビア国内旅行~チチカカ湖~ 12月25日

今日から日曜日まで三連休です。
私は同期隊員とラパス県にあるコパカバーナに旅行しました。

昨日の豚肉が体にダメージを与えていて、
サンタクルスの空港に着いたときは2~3分おきに腹痛が襲っていました。

インフォメーションで空港にある医者に相談すると
薬を無料で支給していただきました。

ラパスのエル・アルト空港から待ち合わせのセメンテリオ・ヘネラルというコパカバーナ行きのバス乗り場へタクシーで向かいました。

乗る前に値段交渉するのですが、
70ボリとのこと。
いつもJICAの総会のある場所までは90ボリなので
そんなものかとタクシーに乗りました。

セメンテリオ・ヘネラルまではJICAの総会のある場所までの半分くらいの距離でした。
70ボリ渡そうとすると、
「いやいや、170ボリって言ったんだよ」
と運転手さん。
「いやいや、70ボリって言いましたよね?」と
かなりやりとりしましたが
100ボリ払って落ち着きました。

降りた後バス乗り場の人に空港からセメンテリオ・ヘネラルまでの相場を確認すると、50ボリだそうです。
ボられてしまいました。。

セメンテリオ・ヘネラルからはミクロバスでコパカバーナまで35ボリ。

二時間半ほどで港について、バストは別に2ボリ払って小さな船で向こう岸にわたります。

image

そこから一時間ほどでコパカバーナに到着しました。

帰りのバスや明日から明後日の日程で太陽の島へ渡るため現地のオプションツアーを探すため、旅行会社へ。
○太陽の島
往 
25ボリ

復 
帰りのバスに間に合わせるため船を貸し切り。船~タクシー併せて三人で400ボリ。

○ラパスへのバス
40ボリ

でした。
体調を整えるため、
夕食を食べてすぐに就寝しました。

パンパグランデ日誌 12月24日

午前中、市長と副市長が子どもたちへクリスマスプレゼントを配布しました。
このプレゼントは寄付で集まったものだそうです。

まずはロス・ネグロスへ。
プレゼントを積んだトラックが着くや否や人だかりです。
二重受け取りを防ぐため、インクで子どもたちの手に印を付ける作業、
列の整備となかなか大変でした。

私は列の整備をしたのですが、
何度も何度も列を作るように言わないと割り込もうとする人ばかりです。

子どもたちの中には
インクの着いた手を洗ってもう一度受け取ろうとする子どもたちもいました。
中には母親が二重に受け取ろうとしていたのには驚きました。

次に、アグアクララというコミュニティへ。
ロス・ネグロスと比べて人口が少なく、
列を作る作業もとてもスムーズにいきました。

image

今日の仕事は午前中まででした。
特に公式な連絡もなく、知る人ぞ知るという感じで私は知らなかったのですが
同僚はクリスマスを祝う挨拶をして帰宅していきました。

私のカウンターパートは同僚の有志と共にロス・ネグロスの広場のイルミネーションを設置する作業をしていたので私も手伝いました。

image

image

夜は大家さんに夕食へ招待され、
豚肉のオーブン焼きを食べました。

image

夜中の一時頃、
この豚肉があたり、久しぶりに嘔吐・下痢の症状になってしまいました。

パンパグランデ日誌 12月23日

今日はロス・ネグロスの広場にイルミネーションを飾る為の清掃作業を実施しました。

image

朝から夕方までこのハサミで
枝をカットしていきました。

image

カット前

image

カット後

イルミネーションは
明日取り付けることになりました。

パンパグランデ日誌 12月22日

今日はパラグアイの同期隊員がサンタクルスに来てくれたので
案内しました。

まずは少し離れたコトカという町にあるjardin botanicoという庭園へ。

ボリビアの観光地の特色ですが、
案内板がありません。

地図
順路の矢印

などがほとんどありませんでした。

このため展望台までは順調だったものの、
そこから先は進んでいいのかどうか不安になり途中で引き返してきました(笑)

image

温室にあった植物。

image

展望台。外に剥き出しです。
風が強かったので揺れていました。

image

展望台からの景色。
200ヘクタールの広さがあるそうです。

image

亀を見かけました。

本当はナマケモノを見たかったのですが残念ながら遭遇できませんでした。

サンタクルス市内で他の隊員とも合流し
駒ヶ根訓練所以来、久しぶりの再会の時間を楽しく過ごしました。