パンパグランデ日誌 11月27日

今日は一日マタラルというコミュニティの小中学校でワークショップを行いました。

一週間前のワークショップが延期になったものです。

小学生はペットボトル、
中学生はペットボトルの蓋
を用意してもらうよう伝えていたのですが

やはり(?)集めていませんでした。
集めないのは予測していたので
自分でキャップは相当数集めていました。

小学生には先週と同じように
落ちているペットボトルを拾ってきてもらいました。

幼稚園の卒業式とかぶっていたので
支所長や先生は
私のワークショップには参加しませんでした。
おまけに別に行うはずだった
一年生も時間の都合で一緒に行うことになり、
一年生、三年生、四年生の三学年に対して先生の立ち会いなしで
一人ワークショップをしなければなりませんでした。

生徒に何度座るように言っても
静かにするように言っても
なかなか言うことを聞いてもらえませんでした。
なんとか風車を作り上げましたが、
写真を撮るような余裕は全くありませんでした。

午後は中学生。
二回に分けて実施しました。
この日は通学しているものの
夏休みが間近なせいか行動は自由です。
私のワークショップへも参加自由でした。
トータルで約半数の生徒が参加してくれました。

私だけが集めたキャップで
私の考えたデザインで工作しても
モチベーションが上がらなかっただろうし
達成感も少ないだろうと思いますが
なんとか形になりました。

FELIZ NAVIDAD
スペイン語でメリー・クリスマスという意味です。

image

image

作業の様子

段ボールにボンドで貼ってもらいました。
端を切って整えたり針金を通す作業は一人で黙々とやりました。

当初は
大きな段ボールに貼ろうと思っていたのですが
小学生へのワークショップで余った針金を見て一文字ずつ吊すことを思いつきました。

再来週からマタラルのプラザに飾られるはずです。

朝7時半前に家を出て午後6時半にパンパグランデに帰ってきました。
一日中一人でワークショップをしたのは初めてだったので
かなり疲れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください