パンパグランデ日誌 11月15日

午前中、ロスネグロスの広場で行われているソシオ・プロドゥクティーボというイベントに行ってきました。

ロスネグロスの各学校がブースを出して自分たちの作ったジャムやケーキ、キーホルダー、植木鉢などを売っていました。

私は知り合いということで、ブースを訪れる度にたくさんのおみやげをいただきました。

その中で、
エドゥアルド・アバロア小学校の
五年生が高倉式コンポストで作った堆肥を売っていました。
さらに、作り方のデモンストレーションまで生徒が行っていました。

高倉式コンポストの技術が
子どもたちの物になっていることにとても感動しました。

彼らは6月にコンポストを作り、
一人一箱のコンポストを所有しています。
家の生ゴミを持ってきて、毎日かき混ぜ、それが5ヶ月続いています。

継続は力なりと言いますが、
本当にそれを目の当たりにすることができました。
image

お昼ご飯に
わたしの家の台所で
先輩隊員とバジェグランデから来ている隊員とコロッケを作りました。

みんなで協力して完成!
とても美味しく作ることができました。
image

image
イベントでもらった鉢植え。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください