パンパグランデ日誌 11月11日

高倉式コンポストの発酵液を作るワークショップを
パンパグランデのペドロ・アリスティデス・セハス中学校で行いました。
二つのグループに分かれてもらい、
3時間使って1・2・3年生に実施しました。

最初はフィールド・ビンゴというネイチャーゲームを行い、
校庭で探してもらう物に黒い葉を含めておきました。

見つけた物を発表してもらった後に
黒い葉について、
なぜ黒いのか、このあとどうなるのか、
誰がこのように変化させているのかという質問から
微生物に繋げ
高倉式コンポストでは発酵液を作るのだが、
何のために作るのかという質問を投げかけ、
微生物を増やすためという説明をしました。

その際に、
微生物たちに親しみを持ってもらうために
日本のアニメ「もやしもん」の紹介をしました。

発酵液のにおいを確認しておくために
作りたてのにおいをかいでもらいました。

夜はケチュア語の授業へ。
人数が少なく、授業がなくなったかわりに、
先生と生徒でバスケをして遊びました。
高校生ぶり、いやもっと久しぶりにバスケットをしたのですが、
偶然にも一点ゴールを決めることができました。

スポーツもたまにはいいなぁと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください