パンパグランデ日誌 11月6日

教育分科会は、開会式から始まりました。

image

今回は韓国の国際協力ボランティアの団体・KOICAの方々も一緒にワークショップを実施します。

生徒たちによるタリハのダンスで歓迎を受けました。

image

午前中は公開授業。
午後はワークショップです。
ワークショップは三コマあり、
私は環境教育・健康教育のコマのうち、
同期隊員と環境教育を担当しました。

同期隊員がゴミの分解年数、私がゴミの分別を担当しました。
分別ゴミ箱のカードを黒板に貼り、参加者にゴミカードを用意して
どの分別ゴミ箱に入れるべきか予想してもらいながら
黒板に貼ってもらいました。

今日感じたのは、
その作業のあと
どんな質問をするかで内容を充実することができますし、
そういった質問のプロセスを経て最終的に私の伝えたいことが伝わっていくということです。

「自分たちの心がけ次第で、分ければ資源、分けなければゴミになること」
を伝えたかったのですが
初日の今日は途中の質問で
自分の伝えたいこととの繋がりが
分かりにくい物になってしまいました。

それを反省して、明日は質問を改善してやってみます。

後半は健康教育です。
JICAボランティアとKOICAのボランティアが共同して石鹸手洗いの重要性、
子どもに多いやけど、ケガ、骨折の対処方法を教員へ説明していました。
その後、三角巾を使って実際に結び目を作る練習や腕を固定する練習を行いました。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください