パンパグランデ日誌 10月7日

出勤してみると、
昨日作った廃油石鹸が
白くなっていました。

image

昨日はキャラメルのような色でした。

image

昨日の写真
 
大家さんから借りた量りで計量していたのですが、
正確ではないというところが
気になり、
ロス・ネグロスへ量りを買いに行きました。
ワークショップをやるからには
正確な量でやらないと
結果にムラが出てしまうと思ったからです。

日曜大工屋さんに行くと、
1キロ単位のものは売られていたのですが、
50gが量れるものは売られていませんでした。
しかしながら、苛性ソーダを売っていました。
パンパグランデ市内で苛性ソーダがどこで入手できるか知りたかったので
よかったです。
セニョーラに近くの農薬屋さんに量りがあることを教えてもらい
早速農薬屋さんへ。

天秤のような量りがありました。
他にないということなので
購入。
何に使うのか質問され、
廃油石鹸のことを伝えると
ぜひ市民にも教えてほしいし
パンパグランデの環境ために使うなら安くするよ!ということで
最初の言い値から2割引してくれました。(60ボリ=1044円)

image

これがその量りです。
バランスの針がないので
目で水平になっているかを確認して量るという原始的なものです。。

これを使って今日も昨日に引き続き二回石鹸を作りました。

一回目は苛性ソーダの量を40g、二回目は50gでやってみました。

50gで作った方が
マニュアルに示されているマヨネーズ状にすることができました。

廃油は大家さんから提供していただきました。
お店で手作りのポテトチップを販売しているのでたくさんの油を使うらしいのです。

夜は友人宅でチュラスコ(焼き肉)をしました。
8時に来るように言われ、
行ってみると準備が始まったばかりでした。
arroz batido を作ることと、
炭に火を付けることを命じられ
がんばりました。

arroz batido は米を柔目に炊いて牛乳を足して最後にチーズをいれるものです。
先輩隊員ががんばりました。

私は炭に火を付けたり
買い出しに行ったりすることをがんばりました(笑)
image

image
ドンと大きな肉を焼き、
後から切り分けるスタイルです。
白いものは塩です。
レモン成分の入った塩で、とてもおいしいです。
オレンジの汁も焼きながら振りかけます。
ケチュア語の先生も招待して
食べ始めたのは夜の11時でした。
準備にかなり時間がかかりましたが、
お肉はおいしかったです。
image
このボリューム(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください