パンパグランデ日誌 8月6日

今日はボリビアがスペインから独立した記念日です。

朝、ラジオを聞いていると
そのことを放送していました。
そして
「この8月6日は独立記念日ですが、アメリカが日本の広島と長崎に原子爆弾を落とした日でもあります。たった一つの爆弾でたくさんの人が亡くなりました。」
と放送していたこと驚きました。

原子爆弾で亡くなった方々のために、
黙祷を捧げました。

午前中はパンパグランデの広場で
独立記念の式典が開催されました。
image

image

ボリビアの9つの県それぞれに伝わるダンスを生徒が踊って
各県にまつわる話や、独立のお祝いの口上を述べました。

その後、市役所メンバーで行進。
行進とは言っても、50メートル程度の距離です。
生徒たちも続いて行進しました。

午後からはセナスバ(「環境と水省」の下部組織)職員の水の調査に同行して
9ヶ月ぶりにロデオ・パンパというコミュニティに行きました。
image
子どもたちが元気にサッカーをしていました。

標高の高いエリアで、山や雲が近くに見えます。
image

アンボロ国立公園の近くで、私が住んでいる近所では見られないような植物があります。
image

ジュラシックパークに出てきそうな木。
image
緑色のヘビ。

image

飲み水を引いている場所。

自然が豊富で癒されました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください