パンパグランデ日誌 8月3日

エドゥアルド・アバロア小学校へコンポストの様子を見に行きました。

四年生は完熟堆肥を作るため、
四つあったコンポストを
一つに残して、残りは袋に入れて熟成中でした。

五年生は、フスマ(小麦粉のぬかで、豚や鶏の飼料になるもの)
を混ぜたところ、次の日にはとても温かくなっていて
生徒たちは感動していたとのことでした。

帰りに学校の売店の方からサルテーニャをいただきました。
image

地中式コンポストの木材の見積もりをしてもらうために、
ロスネグロスの大工用品の お店へ。

image
地中式コンポスト(コチャバンバ県ティキパヤ市)

そこには取り扱いがなかったのですが、
木材屋を紹介してもらいました。
image
そこで話をしていると、
パンパグランデにも木材屋があるとのこと。

午後にパンパグランデの木材屋に行ってみました。

写真を見せながら見積もってもらうと
630ボリ(11374円)とのことでした。

レンガだと
122ボリ(2203円)
です。

見積もり結果を伝えにパンパグランデのペドロ・アリスティデス・セハス中学校へ。
校長先生に伝えると、
もうレンガを発注したとのことでした。
来週、レンガの壁作りをコンクリートでやることになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください