国内旅行四日目(コビハ~リベラルタ)7月10日

アーモンド工場見学へ。
リベラルタはアーモンドの名産地らしいです。
image
アーモンドの木。
とても高く、アマゾンの森の中で見かけたときはアーモンドの木だけは飛び抜けて高かったです。
image

アーモンドの実。
かなり固いので、木から落ちてくる実に当たると死んでしまう場合もあるそうです。
実の中にある殻をさらに割ると、
image
さらに殻に包まれたアーモンドが出てきます。
これを熱して殻割器で手作業で割っていました。

image

試食しましたが、出来立てで温かく、何個も食べてしまいました。

リベラルタには、
たくさんの日系人がおり、
ボリビア国内で最も多いらしいです。
聞き及んだところによると
ゴムのプランテーションが盛んだった頃は1000人を越える日系人がいたそうです。
生活はとても厳しく、苦労されたようです。

詳しくはこちらのリンクを参照にしてください。

日系人ボリビア移民の歴史

年表

リベラルタにある日本文化センターに行きました。
ここは、日系の移民の方の為の施設で、会長さんにお会いすることができ、施設を見学することができました。
image
外観。

image
会議室(神棚、移住された日本人の写真と出身県の展示、日本語の本がたくさんおいてありました。)
image
講堂
日系人イカダに乗って移民としてリベラルタに到着したときの様子の絵。

会長さんと私の職種・環境教育の活動についてお話しすると、
とても興味を持ってくださいました。

昨年、アマゾン川が氾濫し床上浸水の被害や農作物・家畜に大きな被害があったそうです。

また、水道水の問題で
いつも茶色い水が出て料理やシャワーにも使えないこと、
夕方には街全体の水道水が止まってしまうことから
住民の環境に対する関心は高いそうです。
機会があれば是非環境教育をリベラルタで行ってほしいのとことでした。

夕食でパクーという魚を4種類のソースで食べました。

とてもおいしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください