パンパグランデ日誌 6月26日

エドゥアルド・アバロア小学校へ
コンポストの温度確認へ行きました。
昨日より5℃上がっていました。
苗木に撒く農薬のリストを渡して帰ろうとすると、
エンサラダ・デ・フルータを作ったということで
私もあやかっていただきました。

image

バナナやパパイアを使用していたので
この生ゴミをコンポストに入れるんだと思います。

職場に戻り
コプラの作詞作業をしました。
コプラとは、
サンタクルス県のバジェ地方に伝わる伝統的な歌で
好きなように歌詞を作って
ギターを弾いて歌います。

image

環境を大事にすることはもちろん、
地域、家族、友達を大事にすることなども盛り込みました。

私が子どもの頃の
日本船舶協会のCM「一日一善」の歌詞を参考にしながら作りました。

その歌詞を持って
パンパグランデの中学校へ。
コプラをギターで弾き語りできる生徒がいると聞いていたからです。
この歌を録音してラジオで流したり、
ビデオを撮ってテレビ用の環境CMを作るためです。

校長先生にお願いして
その生徒を呼んでもらいました。
すると、その子はプライベートでも仲良くしてもらっている女子生徒でした。

月曜日までに歌詞を練習すると言ってくれました。
できあがるのがとても楽しみです。

夜は友人宅で焼き鳥パーティー。
炭火でおいしくいただきました。
こちらの鶏肉は丸々一羽で売られています。
レストランで働いていた経験のある彼女は鮮やかな手つきで鶏肉をさばいていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください