パンパグランデ日誌 6月25日

エドゥアルド・アバロア小学校へ行き、
コンポストの温度を上げるために
使用済みの油を各生徒のコンポストへ投入しました。
image

箱が21箱あるので少しずつしか投入できなかったのですが
どうなるか楽しみです。

その後、
同じ生徒が植林した苗木を見に
市営体育館へ。
先生の心配していた苗木の病気を診るために
先輩隊員に同行してもらいました。

先輩隊員の職種は
病害虫対策で専門は野菜なのですが
苗木を見て的確にアドバイスをしていました。
image

こういったことは私には専門知識がないので
本当に助かります。
肥料が足りない木にはコンポストの堆肥を与え、
病気の苗木には農薬を撒くことになりました。
image

病気の苗木。うどん粉病という名前だそうです。

農薬については先輩隊員が先生にリストを渡すことになりました。
コンポストの堆肥は私が昨年から作っているコンポストを利用することにしました。
パンパグランデで堆肥として使うのは今回が初めてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください