パンパグランデ日誌 6月18日

ワークショップの一部として行う
高倉式コンポストのために
森でキノコを探しました。

image

中央にキノコがあります。

この辺の森はサボテン類も一緒に群生しているので
トゲに注意しないといけません。

image

順調にキノコを見つけ袋に入れていると
30分くらい経ったところで
サボテンのトゲに引っかかって
袋に穴が開いていることに気づきました。
それまで集めたキノコが全部落ちていました。
とてもがっかりしたのですが
集め続けました。
切り株に大きなキノコを見つけたときは嬉しかったです。

夜はマタラルというコミュニティーにある小学校の先生とワークショップの打ち合わせをしました。
彼女らは午後の部を担当してくれます。

テキストや私が持参した前回のワークショップの成果物を見ながら
目的や質問すること、内容などを確認しました。

こうやって何人もの人と一緒に
テキストを読んだり
進め方を確認したり
伝えたいことを話していると
自分たちの中にも環境教育が
入ってきているような気がします。

私でなく先生方自身がワークショップをやることによって
内容をより理解してもらいたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください