パンパグランデ日誌 5月28日

いよいよワークショップ本番。
朝8時までにロスネグロスのワークショップの会場、エドゥアルド・アバロア小学校に行きたくて
広場で車が通るのを待っていました。

無事に車を拾って
乗り合いでロスネグロスに向かっていると、
乗り合わせた乗客に
アルゴドナルという山の上の方のコミュニティーにある小学校の先生が同乗していました。

その先生から
「生徒だけでなく
住民に高倉式コンポストを教えたいので
手伝ってほしい」
と言われました。

「技術移転のため、
私が主体でなく
先生が主体で実施し
それを私がサポートする」
ことを伝え、
近い内に招待してもらうことになりました。

エドゥアルド・アバロア小学校に到着し
校長先生と先生と私で会場設営。
そのうち朝礼が始まり、
こどもたちが元気に挨拶をしていました。

最初は幼稚園児へのワークショップからスタート。
みんなきちんと話を聞いてくれました。
image

用意していた音源で 
熱帯雨林の音を聞いてどんな動物がいるか想像したり
雨の音を聞いたり
海の生き物を質問するとたくさんの答えが返ってきました。

一通りすべてを話し終えてから
アクションつきの歌に取りかかったところ、
4番あたりで時間の30分になってしまいました。

それを反省し、
次の時間の一年生と二年生には
1番の歌詞の解説~アクション付きの歌
2番の歌詞の解説~アクション付きの歌
・・・
9番の歌詞の解説~アクション付きの歌

という流れにして
最後に全曲通してアクションをつけながら歌うと
ぴったり30分で終えることができました。

次の3年生にも同じように実施し、
笑顔で楽しくアクションをつけながら
植林について学んでもらうことができました。

休み時間には
子どもたちがたくさん私のところに来てくれて
「大好き!」とハグをしてくれたり、
ポップコーンやチョコのお菓子をプレゼントしてくれました(*^^*)

「○○は日本語でなんていうの??」
という質問がひっきりなしに飛び交い、
答えるととても喜んでいました。

アクション付きの歌は
ミミカというらしく、
先生方に要望され
歌の動画データを提供しました。

夜は市役所の職員の方の家で
ホームパーティーでした。
豚の丸焼きを注文し
女性陣でその他のおかずを作りました。
私はトマトを切る作業をやったのですが
こちらの調理はほとんどまな板を使いません。
最初は下手でしたが
だんだん慣れてきました。
image
豚の丸焼き(アルミホイルで顔の部分が包まれています)

ご飯の後はビールを飲みながら
車のオーディオのボリュームをめいいっぱい上げて
ダンス、ダンス、ダンス!

とても楽しかったです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください