パンパグランデ日誌 5月4日

今日はロスネグロスというコミュニティの創立記念の前夜祭ということで、
夜に行う行進に使う提灯作りにチャレンジしました。

以前あったパンパグランデ(コミュニティ)の創立記念日の行進では、
星の形だったのですが、
今回は市長からのお達しで
丸い提灯を作ろうという事になりました。

みんな丸を作るのにとても苦労していたのですが、
小学生のころ風船に新聞紙を貼って乾いた後に風船を抜くとお面ができたことをふと思い出し、
なんとか丸い提灯に応用できないか考えました。

風船に水で湿らせた新聞紙を貼り、
その上から紙をのりで貼っていきました。

同僚の子どもたちも興味を持って手伝ってくれました。
ところが
その日の内に乾かすことができず
かつ紙が薄すぎたのか
風船を抜いてみるととても柔らかくて
提灯には向かないものになってしまいました。

同僚の子どもたちにお面と見立てて被って遊んでみました(笑)

image

行進は、同僚が余分に作ってくれた提灯を持って行進しました☆

ロスネグロスはパンパグランデ市内のコミュニティのなかで
最も人口が多く、
3000~5000人の人が住んでいます。

日本と違うのは、
市の創立記念日ではなく
各コミュニティの創立記念日があり、
盛大にお祝いする事です。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください