パンパグランデ日誌 3月18日

市長に私の活動計画を見てもらいました。
これはJICAに出すものと同じものです。
政策秘書の手に渡り、
活動を協力して実施することになりました。

教員へのタジェール実施について、
direccion distrital への協力依頼文書を作り、
政策秘書のサインをもらいました。
日本で言う決裁のようなものですね。

日本では決裁文書はこちらで保管しますが、
ボリビアでは決裁した文書の原本を先方に渡し、
決裁文書のコピーに先方の受付スタンプとサインを貰い、それを保管します。

このシステムがいまいち体に染み込んでいなくて、
こんがらがってしまいます(笑)

image

写真は、コピー用紙の包装紙の裏側です。
紙は大切に使いましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください