パンパグランデ日誌 2月27日

お昼に水のタジェールをやる
バリオチャケーニョというコミュニティの学校で打ち合わせをしました。

この水のタジェールは
私の同僚が企画し、
前半は同僚がスライドで説明します。
私に後半部分のワークショップの部分を依頼してきたので、
引き受けました。

ワークショップをやるにあたって、
全体の私の持ち時間を知りたかったので、
同僚に聞くと
20分と言われていました。
それに基づいてやる内容を作っていました。

それで、今日先生と打ち合わせている際、
先生が彼に質問しました。
「どれくらい時間が必要なんですか?」
と。
すると、「スライドだけで一時間必要です。」
と答えました。

?????
こないだは一時間あたり45分の授業で自分は25分、
私は20分という話だったのでは???

と心の中で思いましたが、
結局スライドで一時間、
私のワークショップで一時間になりました(^_^;)

でもこれでもう少しのびのびと
余裕を持ってやれるのでよしとします。

実施日は来週の水曜日になりました。
初めての子どもたちへのワークショップです。
三年生から六年生を
一辺にやるそうで、
50人いるそうです。

グループに分かれて
紙に書いたりするので
マジックペンが必要なことを伝え、
持っているか聞いたところ、
ないとのこと。
個人的に持っている先生がいて、
私の3本と合わせても足りません。

マジックなしでもやれる方法か、
マジックの数に合わせて
グループの人数を調整するかということになりそうです。

次に、私がメインとして実施したいゴミのワークショップについて
先生方に説明しました。
私の場合は直接生徒でなく、
先生にまずワークショップを行い、
先生が子どもたちにそれを教えるという仕組みになっています。

以前、予算について
元カウンターパートとの打ち合わせをした時、
各学校が予算を持っているから、
私は先生たちに教える時の予算だけ作ればいい
と言われ、
生徒も含めて作っていた予算を
全部作り直していたのですが、
今日先生に教材を買う予算がありますよね?
と尋ねると、
「ありません。いつも市長に直接お願いしています。」
とのことでした。

市役所に戻ると元カウンターパートが来ていたので
そのことを言うと、
「それは残念だな」
と一言。

前回も書きましたが、
彼らの言うことを100%鵜呑みにしてはいけないな、と
思いました(笑)
悪気はないので(*^^*)

では、また☆

image

写真は私の住まいの中庭です。
コスモスがたくさん咲いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください