パンパグランデ日誌 2月26日

明日の打ち合わせに備えて、
水のタジェール4つの中の一つ、
水の浄化で使用するろ過装置の実験をしました。

知識としてはありましたが、
実際にやったことはありませんでした。

ネットで検索すると、
いろんな順序がありました。
今回は
ペットボトルの口をガーゼで塞いで、
炭、砂、ガーゼ(本来は落ち葉)、土
の順に入れて、
泥水を入れてみました。

すると、透明な水の雫が
ペットボトルの下の方から
落ちてきました。
image

やっぱり、
百聞は一見にしかずで、
実際にやってみるとよく分かりますね(*^^*)

タジェールをやるときは、
子どもたちはグループに分かれて、
順番を自分たちで考えてろ過装置を作り、
どのグループが一番水がキレイになったか比べてみます。

そして、この仕組みは自然の中のドコにあるのか問いかけ、
森の森林涵養のことに繫げたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください