パンパグランデ日誌 1月23日

今日は一日お休みでした。
市役所職員は昨日の祝日に働いたので、
今日は休みとのことでした。

せっかくの連休になったのですが、
知ったのが前日、
特に予定もなかったので
もったいなかったような気もしますが、
家でゆったりできました。

先月、市長の任期が終わってしまったというお話を書きましたが、
ボリビアの市長選挙について少し仕組みがわかりましたので、
ここに記したいと思います。

ボリビアの市長の任期は5年です。
したがって、
今回の3月29日の選挙で選ばれた市長は、
2015年6月~2020年5月までの任期となります。
ただし、
2020年の3月末に行われる選挙に再度立候補したい場合は、
選挙日の90日前までに市長を辞職しなければなりません。
このため、12月に辞職して次の選挙に立候補する市長もいれば、5月まで任期を務め、
市長選には立候補しない市長もいるということになります。
市長が辞職した場合は、
議会から一人、代理の市長として5月末まで務めるそうです。

パンパグランデ市長は当初立候補するつもりで12月には辞職すると同僚から説明を受けましたが、

市長の所属する党内からの立候補者を決める選挙で負けてしまい、
今回の選挙に立候補しないことになったので、
辞職していないとのことでした。

ボリビアの県知事、市長の任期、選挙日は全国統一されていますので、
全国で選挙があるということになります。

このため、市長が立候補する市役所で活動している隊員は、
5ヶ月間市長不在で活動しなければなりません。

そうなると、
市役所職員も契約制なので、
1月から5月までは職員配置が不安定になります。

私の市役所は、1月から契約解除になった職員が数人います。

5月まではこのような状態が続くと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください