国内旅行四日目 12月31日

朝からタリハの観光ツアーに参加しました。

まずはタリハのワイナリーをめぐりました。
一軒目はKohberg。
image

パンパグランデにおいても
市民の方はこのワインを普段から飲んでいるポピュラーなメーカーです。

タリハのブドウ畑は、
世界で最も標高が高いところにあるそうです。
ちなみに、標高は2000メートルです。
image

赤ワインをサルテーニャと一緒に試飲しました。
image

それから、Casa Grandeというメーカーの工場へ。
image

ここでは、白ワインを試飲しました。
image

渓谷を見て、
image

(フェンスの作りが簡単すぎて驚きました)
image

ワイン蔵を見て、
image

Casa Vieja(古い家)という旧ワイナリーへ。
image

その名の通り古かったのですが、
土壁でとても趣がありました。
image

image

昼食後、コイマタという滝へ。
image

水浴びしている人がたくさんいました。

次にCasa del Cnelというところに行ったのですが、
年末のせいか閉まっていました。
image

San Lorenzoという教会は、
大晦日の日というのに、
結婚式が開催されており、
入れませんでした。
image

近くのお店で
「ロスケテス」というお菓子を頂きました。
とてもおいしかったです。
image

最後にSan Jacintoというダムへ。
とても大きなダムでした。
image

image

image

朝8時半に出発して、18時半までのツアーでした。
(一人200ボリ、昼食込)

夕食は、久しぶりに魚を食べたい!
ということで、
大学近くの食堂街へ。
image

席が道にはみ出していましたが(笑)、
魚のフライはとてもおいしかったです。

タリハの隊員の同僚の家のパーティに招待され、
屋上で新年を迎えました。

新年になる前から花火が上がっていたのですが、
0時を回るとさらにさらにパワーアップ!
タリハの各家庭から空にたくさんの花火が打ち上がりました。
image

image

日本だとこんなに大きな玉は家庭用としては売られていないだろうなという大きさです。

その後、タリハのフォルクローレをライブで効くペーニャを楽しむため、
カチャルパヤというお店へ。
image

最初は満席で入れませんでしたが、
30分ほど待ってみると入ることができました。
(入場料100ボリ。普段はもっと安いそうです)
席は相席でした。
ワインを一気で飲み干してグラスを回していくのですが、
6人席で一人1本は飲んでいるようでした。
大晦日~元旦にかけての夜は席が人気らしく、
朝、抽選で席を確保できたとのことでした。

そんな風に一気でワインを飲み干すのは飲み方としてとてももったいない気がしますし、
経済的にもたくさん買わなくて済むような気がするのですが、
(この会場では、普段20ボリくらいのワインが40ボリでした(¯―¯٥))
ボリビアの文化は違うようです。

パンパグランデでもビールやチチャ(トウモロコシのお酒。1リットルで2.5ボリ)を一気に飲み干してグラスを回すか、全員で乾杯した時は全員が飲み干すまで次の杯を待ちます。

この飲み方にはまだ慣れません(^_^;)
最初はついていけるのですが、
後半からは無理です。

それから、白ワインはスプライトで、赤ワインはコーラやファンタで割ります。
甘くなるので、飲みやすくなるからとのことです。

タリハの地元のバンドが交代しながらフォルクローレを演奏していきます。
image

お客さんは大合唱したり、踊ったり、それはもう楽しんでおられました。

私はいままで聞いたボリビアのフォルクローレのなかで、
タリハのフォルクローレが一番好きです。
バイオリン、ギター、太鼓、打楽器小物で演奏するのですが、
とってもステキなんです(*´∀`)

今日はタリハを満喫した一日になりました。

また、パンパグランデのような小さな市と
タリハのような大きな市の地域間の落差も感じました。

パンパグランデは農業の盛んな市なので、商業の発展は緩やかで、
人口も少ないので市役所の予算規模が小さいです。
タリハには経済的に豊かな人が多いように感じました。

では、また☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください