パンパグランデ日誌 12月20日

同僚の結婚式に招待されていたので、
行ってきました。

会場は教会横の屋根付き運動場です。
夜7時から始まると招待状に書いてあったので、
ボリビア時間を考えて、
夜7時半過ぎに会場に到着しました。

普段はバスケットコートなのですが、
見違えるようにコーディネートされていました。

席は自由席。
好きな所に座って、
設置してあるスナックやコーラをいただきながら開始を待ちます。
夜9時から結婚式が始まりました。

まず、新郎が入場します。

次に、プロテスタントの信徒さんたちの子ども(女の子)が花びらの入ったカゴを持って入場し、バージンロードの両サイドに並びます。

新郎新婦の親族が入場し、
最後に新婦が両親と入場します。

_IGP5465

(バージンロードに花びらの籠を持った女の子が並び、奥に新郎新婦がいます。)

バンドの演奏を楽しんだ後、

_IGP5569

神父さんからの言葉があり、
誓いの言葉、指輪交換、誓いのキス、お祈り、そしてさらに神父さんからの言葉。

乾杯はなく、
料理が運ばれてきました。
特に特別な料理ということではなく、ご飯の上に豚肉と鶏肉、コーンサラダが盛り合わせてあり、ワンプレートでした。

しばらくすると新郎新婦の前に出席者が列を作ってプレゼントを渡し始めました。
私も用意していたので列に並んで渡しました。

新郎新婦からのお土産が配られ、

_IGP5562

その後、ケーキカット~ファーストバイト。

新郎新婦、両親から出席者に対する挨拶があり、そこで一段落といった感じでした。
その時点で夜中の0時。
私は子連れの同僚と来ていたので
帰ったのですが、
おそらくそこからダンスタイムになり、夜を明かしたのだろうと思います。

お色直しはありませんでした。

私は同僚3人と一緒にマドリーナになっていたのですが、
(結婚式開催に出資する人。私の担当は会場設営のための出資で、4人で400ドル出資しました。)
素晴らしい会場で満足しました✩

ボリビアの結婚式は初めての参加でしたが、
楽しかったです♪

wpid-igp5515_resize_20141222_132859.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください