パンパグランデ日誌 12月16日

朝まで保健所に泊まりました。

保健所は市立なので、
看護師さんは知り合いでした。
私にとても良くしてくれました。
マテ・デ・マンサニージャ(カモミールティー)を淹れてくれり、何度も様子を見に来てくれました。

帰り際、薬として処方されたのは
2種類のタブレットと水に溶かして飲むもので、生理食塩水かなと思います。

大家さんが迎えに来て、家に帰り着きました。

今日も仕事をお休みし、家で安静にしていました。

お昼と夜は大家さんの奥さま(魔女の宅急便に出てくるニシンのパイの配達をキキに依頼したおばあさまに似ています)
が、スープを作ってくださいました。
image

病み上がりの人が食べる特別なスープなんだとか。
ボリビアでは病み上がりでしっかりとお肉を食べるのですね(笑)

具はチキンの他にジャガイモ、麺少々。
鶏ガラスープのシンプルな味でとてもおいしかったです。
ただ、チキンは全部食べきれず、
ひとつ残しました(^_^;)

午後は同僚の3人がお見舞いに来てくれました(^^)

とてもうれしかったです☆

明日は仕事に行けるといいなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください