パンパグランデ日誌 11月3日

スペイン語の表現で、
なんともボリビアらしいなぁと思ったエピソードがあります。

ahora は通常、
「今(この瞬間)」という意味なのですが、
ボリビアでは違います。

「今日のうちのいつか」

という意味なんだそうです。
私と友達の会話

(お昼2時頃)

ボリビア人の友達
「いつそこにいくの?」

私「夕食食べてから」

友達「じゃあ、ahoraだね」

私「いや、夕食食べてからだから、ahoraじゃないよ。
まだ早い。」

友達「いやいや」…

というやりとりを3回くらい繰り返したあと、
友達が気づきました。

「あぁ、ahoraというのは今じゃなくて、今日という意味だよ。今すぐって言いたいときはahoritaって言うんだよ。」

と説明してくれました。
ahoraとahoritaにそんな違いがあったとは。
ahoritaはahoraよりちょっと砕けた表現なだけで、
意味は一緒なのかと思っていました。

これからはボリビア人から
「ahora 行くよ」と言われたら、
「今から行くよ」ということではなく、
「今日(いつかわからないけど)行くよ」
という風に解釈します。

これもボリビアの文化の一つだ なぁと思いました。

例えば3時集合と言われて
遅れを予測して4時過ぎに行ってみましたが、
誰もいませんでした(^o^;)

時間のことをhoraというのですが、
ボリビア時間ということで、
hora boliviana
と密かに、いや、オープンに言ってます(笑)

待ち合わせの時間を言われたら、
それはhora boliviana か、
hora japonesa (日本時間)なのか
つまり、
かなり遅めか
ピッタリの時間か確認しています。

彼らは笑いながら答えてくれます。

ではまた(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください