パンパグランデ日誌 10月1日

とうとう10月になってしまいました。
時間がたつのが早いです。

「プラスチック製品のリサイクル」と「ポイ捨ての何がいけないの?」というタジェールを考えました。
まだスケッチブックにイメージを描いただけで、
誰とも共有してないのが玉にキズですが、
スペイン語をペラペラ話せないうちは、
教材作りを思いつく限り考えている日々です。

また、農薬の容器の処理方法について、
同じサンタクルス県内のサンフアンという日本人居住区で活動している隊員に
尋ねてみました。
すると、そこでは無人回収所が数か所あり、
3回洗浄して適切なものにリサイクルしているとのことでした。
年間処理数は4.5トン!
ぜひ見学に行きたいと思っています。
(日本語も通じますし(^^))

それから、高倉式コンポストの作り方のパンフレットも作成しました。
10-1-1

JICAと北九州市が作成したスペイン語のパンフレットもあるのですが、
ページ数がA4サイズ4枚で、配布するには紙の消費が多いので
A4サイズ2枚にしました。
そうすれば、紙1枚に両面コピーすれば足ります。
詳細なものと使い分けようと思います。(^^)

午後はかなり強い雨が降り、急いでコンポストを屋根の下に避難させました。
この雨のせいで、全く水が流れていなかった川が濁流となり、
トラックが押し流されてしまったそうです。
私も同僚たちと川を見に行きましたが、
堤防も何もない、自然な地形のままなので、うねりがあり、大迫力でした。

夜はカウンターパート(仕事のパートナー)が、テアトロ(集会所)で
農薬に関する説明をしました。
10人くらいの市民の方が、熱心に聞いておられ、
「農薬はとても危険だ」とコメントしておられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください