パンパグランデ日誌 10月31日

今日、思ったことがあります。
学校で掃除を毎日することと、
ゴミのポイ捨て防止がつながるかもしれない、と。
image

日本の学校では、毎日15分~20分程度教室や廊下を掃除しますよね。
ボリビアでは、生徒は毎日掃除をしません。
年に2回しかやらないそうです。

あるところで、
日本の文化として、学校では毎日掃除をしている
という話を聞きました。

毎日学校を掃除している国は
日本以外はほぼない
(実施している国もありますが、全国的に実施しているのではなかったと思います。)
ということに大変驚き、感銘を受けました。

そのことを今日ふと思い出したのです。
掃除と環境教育が結びつくんじゃないかと私の中で思っています。
毎日自分たちが使っている学校を掃除することで、
ポイ捨てすることが自分たちの環境を汚しているということに
気が付いてもらえるのではないだろうかと思うんです。

これを導入しきちんと実践し継続するには
もちろん一人ではできません。
イバラの道かもしれませんし、
すぐに結果が見えないかもしれませんが、
じわじわっと動いてみたいと思っています。

日本文化の話をしてくださった方々と、掃除教育のヒントを後押ししてくれたダスキンのウェブサイトに感謝です。

ダスキン掃除教育カリキュラム
http://www.duskin.co.jp/torikumi/gakko/curriculum/soujikyouiku/

ダスキン藤沢ブログ
学校で掃除の時間は必要?1
http://www.we-serve.co.jp/blog/cat25/post-11.html

学校で掃除の時間は必要?2
http://www.we-serve.co.jp/blog/cat25/2.html

学校で掃除の時間は必要?3
http://www.we-serve.co.jp/blog/cat25/3.html

パンパグランデ日誌 10月30日

近所を歩いていると、
「インターネット」と書かれた貼紙発見!
image

中を覗いてみると、パソコンがずらっと並んでおり、
子どもが一人インターネットをしていました。

どうやらインターネットカフェ(カフェはないけど)のようです。
料金を聞くと、1時間あたり4ボリ(60円)。
機会があったら利用してみようと思います。

ネットカフェ全景。
image

パンパグランデ日誌 10月29日

久しぶりに川に行ってみると、

なんと水が流れていました。
数日前までは水が流れていなかったので、
少し安心しました。
以前の川(10月20日撮影)↓。
image

現在の川(10月29日撮影)。
image

(わたしも影として写真に写っています)
こんな雄大な自然の景色があるにも関わらず、
橋のふもとにはポイ捨てされたゴミがたくさんありました。
image

日本でも川にゴミを捨てる人はいますね。
ため息しか出ませんでした。

だからこそ、がんばります。

パンパグランデ日誌 10月28日

今日から急に蚊が増えてきました。
今まで刺されても1箇所くらいだったのに、
今日一日で10箇所くらい刺されてしまいました。

餞別でいただいたキンカンを塗りました。
ありがたや。
image

ところで、
パンパグランデ市は
サンタクルス県フロリダ郡に位置しています。
フロリダ郡のマークがあるのですが、
私はこのマークが好きです。
image

スイカとバイオリン、山と川と畑。
太陽と星、バラの花ととうもろこし(?)。
「自然がいっぱい」という感じですね。

パンパグランデ日誌 10月27日

私の部屋の目の前にコスモスが咲きました。
image

部屋の中は扇風機もエアコンもないので日中はとても暑いです。
外に出ると、風があるのでとても気持ちがいいです。

パンパグランデは午後に強い風が吹くことが多いです。
逆に夜は、寒いくらい冷えます。

今日はコスモスの花に癒されました。
では、また(^^)

パンパグランデ日誌 10月26日

今日は昨日のパーティーから帰宅したのが遅かったので、
ゆっくり過ごしました。
大家さんが昼ご飯に招待してくださったので、
行ってきました。
image

左の奥に見えるのが、バナナを揚げたものです。
熱いバナナもなかなかイケます。
おなか一杯になりました。

それから、夜空がきれいだったので、写真を撮りました。
image

流れ星を何度も見かけました。
(今月はオリオン座流星群を見ることができるのだそうですね)

パンパグランデ日誌 10月25日

今日は、夜から職場の同僚の娘さんが15歳の誕生日を迎えるということで、
そのパーティーに行ってきました(ホームパーティー)。
「8時から」と言われても、
そこはHora Boliviana(ボリビア時間)。
8時半に行くと2人くらいしか来ていませんでした。
9時くらいからぼちぼち集まり始め、なんとなくパーティーが始まりました。

ボリビアでは、15歳が一つの区切りで、
成人になったようなものだそうです。
(お酒は18歳からです)
image

子豚の丸焼きが2匹。
image

大きなケーキ。
来た人からビールを飲み始め、
その後子豚のプレートが振舞われます。

しばらく経って、バースデーケーキ。
みんなでハッピーバースデーを歌い終わると、
ろうそくを吹き消す時に、
周りの人が頭を押さえて、ケーキの中に顔をうずめさせます。
それが普通だそうです。

その後、ケーキが振舞われ、
ダンスタイム。
大きなスピーカーを借りていて、ガンガン大音量で流しながら踊ります。

娘さんのお母さん世代も、娘さん世代も、みんな華麗なステップを踏んで踊ります。
ボリビアのパーティーには音楽とダンスは欠かせないもののようです。

しばらくすると、踊っているにもかかわらず、
ビールの一気が回ってきます。
「乾杯」と言われた人が次に一気をします。
飲む前に、次に飲ませたい人に「乾杯」と言って飲まなければならないルールです。

夜8時半過ぎに到着して、朝の5時半頃に数名で帰ったのですが、
まだパーティーは続いていました。
滞在時間約9時間!
ボリビア人は元気です(*´ω`)
image

私が来ているのは、パンパグランデの中学校のジャージです。
寒かったので、主役に貸してもらいました(^^)

パンパグランデ日誌 10月24日

水不足が深刻で、パンパグランデにテレビの取材が来るほどです。

サンタクルス県の職員が、干ばつの被害状況を確認するため、
パンパグランデに来られました。
私のカウンターパートが担当なので、
同行しました。
OTBという、日本でいうところの自治会長さんのお宅を訪問し、
状況を確認していく作業です。
朝から夜までかかりました。
今まで行ったことのなかった場所に行くことができたので、
良かったです。
image

ラグーナ(潟湖)。水不足で、広範囲が乾いている状態です。
ちなみに、今回訪問したほとんどのコミュニティは
ゴミの回収サービスがない地域です。

雨がたくさん降りますように。。
image

パンパグランデ日誌 10月23日

アクリルたわしですが、あれから個数を重ねるにつれて、
だいぶ形が整ってきました。
image

日本の友達からアクリル毛糸を送ってもらったのですが、
その在庫が切れたら、買いに行かないといけません。
あるといいなぁ。

パンパグランデ日誌 10月22日

今日は、近隣の学校の教員が集まって運動会が開催されていました。
3日間にわたって開催され、
なんと子どもたちはその間お休みになるそうです。

見に行くと、
長距離走が実施されていました。
男性は5キロ、女性は1.5キロ走るようです。
そのほかにも、砲丸投げややり投げ、サッカー、バスケなどが競われるようです。
image

それから、今日、パンパグランデに市営のラジオ局が設置されました。
国から予算が出たそうです。

職員が何人かラジオ放送で挨拶していました。
式典があり、自治会長さんが挨拶しておられたのですが、
スペイン語とケチュア語で挨拶されていたのが印象的でした。

パチャママにビールを捧げて、
みんなでソーダを飲みました。
image

式典が終わったあとは、市長夫妻と職員でビールを飲みました。