パンパグランデ日誌 9月25日

今日はマタラルというコミュニティの131周年の記念式典に行ってきました。
どうやらコミュニティ単位で創立の年をカウントしているようです。
ちなみにパンパグランデ市のパンパグランデというコミュニティはかなり古く、
昨年が200周年記念だったとか。
9-25-1

子どもたちの出し物、パレード(わたしも参加しました)のあと、
パチャママにビールを捧げました。
地面に石を置き、
それに向かってビール瓶を振り下ろし叩き割り、
流れ出たビールを大地の女神パチャママに感謝の意を捧げるという儀式です。
9-25-2

軍の方々?が来ていたのですが、その方々の待機場所になっていた体育館でも、
同じようにパチャママにビールを捧げていました。
素焼きの壺に入れたものでした。
9-25-3

手前3人のうち、真ん中の方がパンパグランデ市長です。
そのあとは、遅めの昼食。
自治会長さんの家でお昼ご飯を振舞っていただきました。
一旦市役所に戻り、
仕事が終わって夜にもう一度マタラルに行くと、
広場はさらに盛り上がっていました。

木の先にビールの箱がぶら下がっており、
木の全体にコルタール(油)がたっぷり塗ってあります。
そのつるつる滑る木によじ登って
見事ビールの箱を下ろした人が賞品をゲットできるという催しがあっていました。
私の同僚も挑戦したそうで、
Tシャツ、ジーンズは愚か、顔や手もコルタールの油で真っ黒になっていました。
6-4

暗いですが、木にしがみついて登ろうとしているところです。
みんな見守っています。
道具はなんでもありで、ベルトで木と自分を縛ったり、麻袋を下から投げてもらって油を拭いたりして上に登っていました。
そしてついに、ある若者が見事にミッション成功しました。

ビールを飲んで、
またまたダンス・ダンス・ダンス!
またまたダンスのステップを習いました。

ボリビアの人たちは小学生でダンスの授業があるらしく、
曲が流れるとみるみるステップを踏みはじめます。
とてもカッコよく踊るんです。
もうステップが体に染み込んでいるようです。
9-25-4

写真はマタラルの旗(茶色、白、緑。中央に✩)。
市内のコミュニティ単位に旗があることに驚きました。
では、また(^O^)
9-25-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください