パンパグランデ日誌 9月30日

現在のパン子(高倉式コンポスト)はこのような感じです。
9-30-1
過去にウジ虫退治の為、空気を遮断して直射日光に2回さらし続けたので、
空気が必要な微生物にとってはかなり過酷な状況だったのかもしれません。
そのため、先週、自宅で新たに発酵液を作成し、
コンポストの水分補給の際、
水の代わりに発酵液を使用しました。
この方法は、駒ケ根訓練所で同期隊員と行ったものです。
それを思い出したので、やってみました。
それから、先週パルマソラの川に行ったときに採取したキノコも加えたので、
すこし分解が早くなったような気がします。
朝ふたを開けてみると、白い菌糸ができていました。
微生物が元気になってよかったです。

午後、パンパグランデから50kmくらい離れたサマイパタという市に住む日本人の方が
市役所を訪ねてきてくださいました。
サマイパタはとても魅力的な市です。
ドイツやイタリアからも移住している人がいるとか。
インカ時代の遺跡もあるようです。
今度ぜひ行ってみたいと思います。

さて、昨日のフィエスタの様子です。
9-30-2

ミゲルにお供え物をしています。
どんなものがお供えしてあるかというと・・・
9-30-3

すべてミニサイズになったお供え物で、お酒やエンパニャーダ、鶏肉の料理、ケーキ、お金(レプリカ)などがありました。

この前でチチャを振舞われていました。
私は半分しか飲まなかったのですが、
すべて一気に飲み干した私の同僚は、翌日おなかを壊していました。
手作りで発酵させてチチャをつくるので、
ちょっと味が変だったら注意したほうがよさそうです。

パンパグランデ日誌 9月29日

今日は市民の方から電話があり、ロスネグロスの川を見に行きました。
橋を挟んで下流側には野菜を洗う人々がいました。
9-29-1

上流を見ると、なんと洗濯や水浴びをしている人たちがいました。
9-29-2

カウンターパート(仕事のパートナー)が彼女らに質問していました。
「毎日ここで洗濯しているのですか?」
すると、
「週に2,3回来て洗濯している」
とのことでした。
「下流で野菜を洗っている人がいるから汚水を流されるとちょっと困る」
と言うと、
「まだ先の上流でも同じように洗ってるよ~(だから問題ない)」
という返事が返ってきました。
彼女らが使っているのは固形石鹸で、合成洗剤ではなさそうでした。
(全員分を見たわけではありませんが)

石鹸は水に溶けると微生物や魚も食べるカルシウム石鹸になるので、環境への負荷は少ないのですが、
50メートルほどしか離れていない下流で野菜を洗っている現状です。
洗濯物の汚れが野菜についてしまいますよね。

市民の方は、このことを電話してきたので、この現状を問題だと思っている人もいるし、
川で洗濯したり水浴びしたりするのは生活に欠かせない人もいる。
野菜を洗った水は農薬が含まれているかも知れない。
さらに下流の人が農薬を含んだ水で水浴びをしていたら???

問題を目の当たりにしました。
さて、どうしましょう。
・川の水の汚染具合を数値的に調査する
・健康被害の可能性を確認する

問題があれば、ラジオで放送する(パンパグランデの広報はラジオとテレビの音声です)。
人の出入りの多いメルカドにポスターを貼るなどして啓発する。

という方法をいまのところ考えたのですが、
川が生活の一部になっている人にとっては分かっていても
他に方法がないですよね。
曜日を決めるとか、何かいい方法がないか、さらに検証してみたいとおもいます。

業務終了後、同じ事務所のメンバーで高倉式コンポストの発酵液を作りました。

砂糖水… イースト菌、ビール、チチャ(とうもろこしの酒)、ヨーグルト
塩水 … キャベツ、パパイヤ、オレンジの皮

という材料です。
やはり、ひとりで作るよりみんなで作ると楽しいですね(^^)
9-29-3

チチャは普段入手できないのですが、
サンミゲル広場でフェリアがあっており、立ち寄ってみると
チチャを無料でいただいたので、それを半分飲んで、半分はコンポストに使いました。

さて、どうなるか、お楽しみです。
では、また。
9-29-4

(水が濁っているのはカルシウム石鹸のせいだと思われます。その証拠に、ちゃんと魚が生きていました。)

パンパグランデ日誌 9月28日

今日は朝からロスネグロスのメルカドに行き、
DVDを購入しました。
同僚との間で「悲しい映画は何か」という話になり、
タイタニックを見たことがないとのことだったので、
3人で一緒にタイタニックを見ることになったからです。

さらにコーンとバターを買って、
鍋で手作りのポップコーン!
(私が作ったわけではありませんが(^^))

ポップコーンとコーラを飲みながら映画鑑賞。
とても楽しかったです。

今日も携帯がないので、午後はスペイン語の勉強をしました。
これまた日本から持参したスペイン語の文法の本。
9-28-1

この文法の本は、基本のおさらいをすることもできましたし、
「よく聞くけど、どういう風に使うんだろう?」と日々疑問に思っていたような
かゆいところに手が届く解説がしてあり、
「なるほどぉぉ!!!」と感銘しながら勉強しました。
訓練所の前にもこの本で少し勉強していたのですが、
半分しか終えていませんでした。
持ってきてよかったです。
中庭に腰かけて勉強したのですが、外で勉強するのもなかなかいいですね(´▽`*)
ハンモックがあったら最高なんですけどね(´∀`)
夜は、パスタを私の家で作り、同僚と3人で食べました。
9-28-2

玉ねぎ、ツナ、トマトを煮込んだソースです(私は材料を切っただけです)。
お腹いっぱいで大満足でした( ´艸`)

では、また✩

パンパグランデ日誌 9月27日

今日はゆっくりした一日でした。

携帯を紛失しているので、
まずケーナを練習しました。
本来は3オクターブの音が出るはずなのですが、現在の私の力量では1オクターブしか出ません。
以前YOU TUBEでケーナの吹き方を調べた時は、
指使いは一緒で、息のスピードだけで1オクターブ上の音を出すとのことでしたが、
なかなか出ません。

昼ごはんを同僚たちと食べたあと、今度はラジオを聞いていました。
陽気な南米の音楽が流れてきます。
9-27-1

こちらに持ってきて一度も読んでいなかったのですが、
駒ケ根訓練所のスペイン語の恩師からいただいたプリントがあったことを思い出し、
電子辞書を牽きながら読みました。
「ガンジー」と「モーツァルト」の偉人伝です。
絵本風なので、楽しく読むことができました。

携帯をなくさなければこのプリントを読むことはなかったのかもしれないので、
そういう意味ではスペイン語の勉強ができたのでよかったです。

前日に依頼したラジオとテレビの携帯紛失に関するお知らせの放送は
実際になかなか聞くことができなかったのですが、
夕食をメルカドで食べているときに、テレビでアナウンスが流れるのを聞くことができました。
画面だけ番組が流れているのですが、
番組の音声が遮断され、私の携帯を紛失し、探している旨のアナウンスが流れました。
その場に居合わせたお客さん(全員相席です)に
「これ、私なんです。」と言いました。
「おお、そうか。みつかるといいね☆」
と言ってもらえました。

で?まだ見つかりません。。。( ;∀;)

パンパグランデ日誌 9月26日

今日は、仕事が休み(独立記念)で、ほとんどだれもいなかったのですが、
私は農業関係の研修に参加しました。
研修の中で農薬による水の汚染のことにも触れられていました。

協力隊要請内容の中に農薬の使用済容器の処理について正しい知識の普及というものがあり、
それに関係するなぁと思いながら聞いていました。

大規模農家が多いパンパグランデは、
農薬はほとんどの農家さんが使用しています。

水汚染や農薬の危険性についてどういうアプローチで啓発していったらいいだろう?
と考えています。

この研修では、講義形式の一方的なものではなく、
グループディスカッションをして模造紙に記入して発表する形式を採用しており、
とても興味深かったです。
9-26ー1

積極的に発言しておられましたし、
発表の時もジョークをとばしながら楽しく研修できました。

わたしも主催者側になる時がやってくるので、
こういう雰囲気づくりは大切だなぁと思っています。

技術補完研修で、
市民参加について、「3T」を大切にすることを学習しました。

T 共に
T 楽しく
T 体験する

楽しく共に体験したことは一方的に講義を聞くよりも頭に残るそうです。

実際、そうだと思います。
わたしもそんなワークショップができるよう準備したいものです。

先日、携帯を紛失しました。
現在探していますが、まだ見つかっていません。
今回1週間分このブログの内容をワードに書き溜めて、
インターネットできる場所で貼り付けて更新しました。

今日と明日、ラジオとテレビで以下のように呼びかけることになりました。
「携帯を探しています。9月19日の金曜日、
’7月14日広場’で紛失しました。
メーカーはLGでオレンジです。
全て日本語なのでボリビア人は使用できません。よい情報をお待ちしています。」

という内容を8回流します。
これはパンパグランデ市の広報をやる方法です。
個人的なことも1回につき3ボリ(45円)で放送してもらえます。
まさかこんなことまで放送してもらえるとは思わなかったのですが、
カウンターパートにアドバイスしてもらって、申し込みに行ったのでした。

どうか、みつかりますように!!!!!
では、また(^O^)
9-26-2

パンパグランデ日誌 9月25日

今日はマタラルというコミュニティの131周年の記念式典に行ってきました。
どうやらコミュニティ単位で創立の年をカウントしているようです。
ちなみにパンパグランデ市のパンパグランデというコミュニティはかなり古く、
昨年が200周年記念だったとか。
9-25-1

子どもたちの出し物、パレード(わたしも参加しました)のあと、
パチャママにビールを捧げました。
地面に石を置き、
それに向かってビール瓶を振り下ろし叩き割り、
流れ出たビールを大地の女神パチャママに感謝の意を捧げるという儀式です。
9-25-2

軍の方々?が来ていたのですが、その方々の待機場所になっていた体育館でも、
同じようにパチャママにビールを捧げていました。
素焼きの壺に入れたものでした。
9-25-3

手前3人のうち、真ん中の方がパンパグランデ市長です。
そのあとは、遅めの昼食。
自治会長さんの家でお昼ご飯を振舞っていただきました。
一旦市役所に戻り、
仕事が終わって夜にもう一度マタラルに行くと、
広場はさらに盛り上がっていました。

木の先にビールの箱がぶら下がっており、
木の全体にコルタール(油)がたっぷり塗ってあります。
そのつるつる滑る木によじ登って
見事ビールの箱を下ろした人が賞品をゲットできるという催しがあっていました。
私の同僚も挑戦したそうで、
Tシャツ、ジーンズは愚か、顔や手もコルタールの油で真っ黒になっていました。
6-4

暗いですが、木にしがみついて登ろうとしているところです。
みんな見守っています。
道具はなんでもありで、ベルトで木と自分を縛ったり、麻袋を下から投げてもらって油を拭いたりして上に登っていました。
そしてついに、ある若者が見事にミッション成功しました。

ビールを飲んで、
またまたダンス・ダンス・ダンス!
またまたダンスのステップを習いました。

ボリビアの人たちは小学生でダンスの授業があるらしく、
曲が流れるとみるみるステップを踏みはじめます。
とてもカッコよく踊るんです。
もうステップが体に染み込んでいるようです。
9-25-4

写真はマタラルの旗(茶色、白、緑。中央に✩)。
市内のコミュニティ単位に旗があることに驚きました。
では、また(^O^)
9-25-5

パンパグランデ日誌 9月24日

今日は、サンタクルスがスペインから独立した日です。
国内それぞれの地方が別の日に独立したので、
それぞれ異なる独立記念日があるようです。
サンタクルス県の旗(緑、白、緑)がはためいていました。
9-24-1

山で育ったニワトリの卵を頂いたので、
夜に卵焼きを作り、
さらにおにぎりを作って職場に持参し、
残業している人たちに配りました。

市長にも試食していただくことができました。
「とてもおいしい」と何度も言っていただいたので、うれしかったです。

パンパグランデ日誌 9月23日

今日は隣のマイラナ市に副大統領が来られたので、
その式典(収穫祭?)に行ってきました。

マイラナ市はパンパグランデよりも大きな市です。
サンタクルス行きのバスが必ず休憩するところで、
交通の要所といったところです。

EVO大統領を象徴する旗(青、白、黒)で副大統領を迎えます。
9-23-1

右から三番目の方が、副大統領です。
先輩隊員が日本国旗を持参していたので、一緒にくくって振りました。
9-23-2
すると、テレビカメラが2台私を撮ってくれました。
どこかで放送されているかもしれません。9-23-3
余興で、おじさまがギターで演奏を始めました。
替え歌でマイラナのことを歌っていて、
その歌詞がおもしろいようで、みなさん笑っておられました。
私はまだよくわからないので、なにが面白いのか分からず残念でした。9-23-4
早くスペイン語のジョークで笑えるようになりたいです。
記念に、エボ大統領のキャップをもらいました。

パンパグランデ日誌 9月22日

今日は大家さんの家にお昼ご飯に招待されたので行ってきました。
9-22-1
私の好きな料理、ソパ・デ・マニ(ピーナッツのスープ)でした。
真ん中に鶏肉が。
大家さんが、
「その鶏肉は家のニワトリだよ」
と発言しましたΣ(゚д゚lll)

とても驚きましたが、せっかく命なので、いただきました(T_T)

私が毎朝出勤する時にいたあのニワトリの中の一羽が。。。

パンパグランデ日誌 9月21日

今日は私の台所を紹介します。
9-21-1

ガス台がお気に入りです。
なんだかレトロでステキですよね(´▽`)

暗くてよく見えないのですが、
ガスコンロとつながっていて、マッチで火をつけます。
ライターを日本から持ってきているので、
それを使っています。