コンポスト

環境教育のカテゴリーのひとつであるコンポスト。

生ゴミを微生物で堆肥化するのですが、
2月に技術補完研修で実習しました。

4月から休業に入ったので、
早速実家で作成。

まず、発酵液。
砂糖水に
ヨーグルト、納豆、チーズ、高菜、味噌を投入。

3日後、もみがらに発酵液をかけ、近所の林で入手したキノコや腐葉土と一緒に混ぜる。
湿度が大事で、
40~60パーセントがベスト。
これは、手の感覚で確認。

ホームセンターで温度計をゲット(300円くらい)。

ちっとも温度が上がらなかったため、調べてみると、
米ぬかを一緒にいれないといけなかった(>_<)

米ぬかを入手し、
一緒に混ぜた翌日。。
40℃弱に上昇!(*^^*)

3日間おいて、
種菌完成\(^o^)/

水分補給に、
塩水にリンゴとバナナの皮を3日間入れて作った発酵液を使用
(もう一つ種菌を作る予定が、訓練所に入所する日が迫っていたので合体)。

次の日、
リンゴの皮にうっすらついていた
果実の部分がきれいになくなっていました。

バナナの皮は、真っ黒に。

本格的に生ゴミを投入したのが昨日。

私はその直後に名古屋へ移動。
電話で、やり方を父にレクチャー。

今日、あの生ゴミは消えたのだろうか?
とても気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください