訓練所の日々

今日で訓練所に入所して2週間が経ちました。

あっという間の二週間。

やっと生活のリズムに慣れてきました。

5時半起床、身辺整理。

6時半から朝の集い。

毎朝、日本国旗とJICAの旗と、

世界各国の国旗の中の一つが掲揚されます。

国旗に込められた意味を聞いています。

それから、朝のジョギング。私は1.8キロコースを走っています。

最初から比べるとずいぶん走るのが早くなりました。

 

8時45分から17時まで課業。

そのあとは、自習をしたり、気分転換をしたり、スタッフの講座を受けたりしています。

 

駒ケ根訓練所所長から、最初のあいさつで

「ここはパワースポットです」という言葉をいただきました。

まさに、そう思います。

ここに、このタイミングで一緒に過ごしているメンバーとの出会いは、

私の宝物です☆

日々、協力隊へ参加できることの幸せを感じています。

改めて、仕事を休業して協力隊に参加することを応援してくれている家族と職場の方、友人に感謝しています。

本当に、本当に、ありがとうございます。

私は幸せ者です。

噛みしめながら、残りの60日を過ごしていきたいと思います。

 

画像

任国への出発日

訓練所の掲示板に、
各国への出発日が掲示されていました。

あくまで暫定で変わる可能性もありますが、
私の出発日は、

7月7日
成田発
アトランタ~リマ経由
ボリビア着 7月8日

でした。
任国によって出発日はまちまちでした。

出発日まで、あと3ヶ月もないんだと思うと、
あっという間なんだろうと思います。

コンポスト

環境教育のカテゴリーのひとつであるコンポスト。

生ゴミを微生物で堆肥化するのですが、
2月に技術補完研修で実習しました。

4月から休業に入ったので、
早速実家で作成。

まず、発酵液。
砂糖水に
ヨーグルト、納豆、チーズ、高菜、味噌を投入。

3日後、もみがらに発酵液をかけ、近所の林で入手したキノコや腐葉土と一緒に混ぜる。
湿度が大事で、
40~60パーセントがベスト。
これは、手の感覚で確認。

ホームセンターで温度計をゲット(300円くらい)。

ちっとも温度が上がらなかったため、調べてみると、
米ぬかを一緒にいれないといけなかった(>_<)

米ぬかを入手し、
一緒に混ぜた翌日。。
40℃弱に上昇!(*^^*)

3日間おいて、
種菌完成\(^o^)/

水分補給に、
塩水にリンゴとバナナの皮を3日間入れて作った発酵液を使用
(もう一つ種菌を作る予定が、訓練所に入所する日が迫っていたので合体)。

次の日、
リンゴの皮にうっすらついていた
果実の部分がきれいになくなっていました。

バナナの皮は、真っ黒に。

本格的に生ゴミを投入したのが昨日。

私はその直後に名古屋へ移動。
電話で、やり方を父にレクチャー。

今日、あの生ゴミは消えたのだろうか?
とても気になるところです。

訓練所へ。

昨日、名古屋に前泊して
現在、高速バスで長野県駒ヶ根市に向かっています。

今回、26年1次隊で派遣される
環境教育隊員は、15人。

この内、13人が駒ヶ根市で
もう2人は
福島県二本松市で訓練を受けます。

聞き及ぶところによると、
駒ヶ根で訓練を受ける人数は、
230人。
この内、スペイン語圏に派遣される隊員は70人。

思ったより多い印象なのですが、
シニアボランティアの方も含めた人数です。

これからの70日間の訓練、
しっかりがんばります。

この機会に痩せたい。。